美髪を実現するプロのドライヤーガイド

正しいドライヤーの使い方を習得

濡れたままを放置してはいけない

ドライヤーを使うと、短時間で髪の毛を乾かすことができます。 するとキューティクルが閉じるので、余計なダメージを受ける心配はありません。 綺麗な状態を維持し、これからも丈夫な髪の毛を育成するために、すばやくドライヤーで乾かすことが大事だと理解してください。

頭皮に負担を与えない乾かし方

ドライヤーを使う際は、頭皮からある程度の距離を取るのが正しい方法です。 近づけすぎると、熱風が髪の毛や頭皮にダメージを与えるので気を付けてください。 また髪の毛より、頭皮を乾かすことを優先しましょう。 頭皮が濡れていると、髪の毛の育成を邪魔してしまいます。

豊富な機能が備わっているドライヤー

この機会に、ドライヤーの機能を見直すのが良い方法です。 冷風やマイナスイオンが出て、風力が強いドライヤーを使うと、快適に頭皮や髪の毛を乾かすことができます。 特に冷風は仕上げをするために、欠かせない機能です。 最低でも、冷風機能があるドライヤーを選びましょう。

すばやく乾かす方法を知ろう

どんな人でも、毎日髪の毛を洗っていると思います。
髪の毛を洗い終わったら、必ずドライヤーで乾かしましょう。
すばやく乾かさないと髪の毛のキューティクルが開いたままになり、そこからダメージを受けてしまいます。
すると抜け毛や枝毛、薄毛といったトラブルが起こるので、何よりも乾かすことを優先してください。
またドライヤーを使う前に、タオルである程度の水分を拭き取ると、ドライヤーの時間を短縮することができます。

ドライヤーからは、熱風が出ます。
それを頭皮に当てすぎないように、10センチから15センチほど離してください。
また同じ場所にずっと風を当てるのではなく、頭皮全体に風が行き渡るよう、細かくドライヤーを動かしましょう。
さらにドライヤーで乾かすのは、頭皮だという意識を持ってください。
髪の毛ばかり乾かしても、頭皮が濡れていると意味がありません。
頭皮に汚れが残って毛穴が詰まるので、奥までドライヤーの風が行き渡るように工夫してください。

全体を乾かし終わったら、最後は冷風を頭皮や髪の毛に当ててください。
すると髪の毛の癖を固定し、まっすぐで綺麗な状態を維持できると思います。
さらに冷風を当てると、濡れている部分を判別しやすくなる面がメリットです。
一通り冷風を当てて、まだ濡れている部分があれば温風に切り替えて、頭皮や髪の毛を乾かしましょう。
さらにマイナスイオンが出るドライヤーだと、潤いを与えながら乾かせるので便利です。